« こいのぼり | トップページ | ポップル錯視 »

2005/04/14

映画の間違い探し

映画を見ていると、時々“あれ!?”って思う時がある。

シーンが変わると『間違い探し』ではないのだが、何か違和感を感じる時がある。
それは、たまたま『やってしまった』のかそれとも意図的にそうしているのかはわからないのだが。

よくあるのは、天気。例えば同じ場所のシーンなのにボールを投げたときは雲ひとつない快晴なのに、そのボールを犬がキャッチするシーンは曇ってたり。

下の画像は「LEON」という映画のワンシーン。
男が電話をしているシーンなのだが、電話のアンテナに注目して頂きたい。
左のシーンではアンテナは伸びているのに、背後からのシーンに一瞬で切り替わったとたん、アンテナが縮んでいる。

有名なのは「ローマの休日」で、広場でジェラートを食べる有名なシーン。食べはじめと食べ終わったころのシーンを比べると、後ろの時計台の時刻が数時間も違っている。

映画をよーくみるとそんなミスシーン?やエラーシーン?を結構見つけることができますよ。

0504141

***ひとことでも結構です。ご意見・ご感想を是非コメント欄へ↓↓***

|

« こいのぼり | トップページ | ポップル錯視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画の間違い探し:

« こいのぼり | トップページ | ポップル錯視 »