« シャトル船外活動 | トップページ | もし自分が・・・ »

2005/08/04

プリウスの海外初生産は中国で

トヨタ自動車と中国自動車最大手、第一汽車(長春市)は4日、年内に長春で、トヨタのハイブリッド車「プリウス」の合弁生産を始めると発表した。

 プリウスの海外生産は初めて。価格や生産台数などは明らかにしていない。生産場所はトヨタと第一汽車が折半出資した合弁会社「四川一汽トヨタ自動車」(成都市)の長春工場となる。

 トヨタはまた、現在10車種のハイブリッド車を開発していることを明らかにするなど、ハイブリッド車を重要な戦略車と位置付けている。今後、海外での生産も活発化しそうだ。

 ハイブリッドの海外生産については、06年に米国のケンタッキー工場で中型セダン「カムリ」を生産することも決めている。

 トヨタは中国でのプリウス生産について、具体的な生産場所などを発表していなかった。


|

« シャトル船外活動 | トップページ | もし自分が・・・ »

コメント

数日前にブログを始めたばかりで勉強中です。これからも参考にさせて頂きます!頑張って下さいね。

投稿: sayaka | 2005/08/10 22:32

はじめまして!大阪のプリウス乗りですが、中国在住経験者でもあります。
プリウスの中国生産、時期尚早やとは思います。価格が高いのもそうですが、道路状況や慢性病のような渋滞の解決の方が先だと思いますね。これが解決しない限り、ハイブリッドカーなんて猫に小判やと、元中国在住者+プリウス乗りとして思います。

投稿: のぶ | 2005/09/15 21:19

そうですね。そのあたりは本当に問題だと感じています。どこの国も都市部は同じような問題を抱えているのかもしれません。
ところで、このブログにも書きましたが、知り合いが、ほとんど市販車そのままの状態のプリウスに乗り、ゴビ砂漠を走るベイジン-ウランバートルラリーにおいて、部門で優勝しました。パジェロなどがどんどんリタイアしていく中、プリウスはパンク1回であとは何のトラブルもなく走り抜けたそうです。
燃費については詳しく聞いていませんが、広大な中国、もしかしたら1000km走っても給油できない地域があるかもしれません。そんなところでも、プリウスなら活躍できるのではないかと思っています。

ところで、話は変わりますが、大阪にはプリウスやエスティマハイブリッド乗りが集まる焼き鳥屋さんがあります。ご存知ですか?

投稿: れおん | 2005/09/16 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89125/5311555

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスの海外初生産は中国で:

« シャトル船外活動 | トップページ | もし自分が・・・ »