« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/29

≪速報≫イオンで火災

06082901

只今、イオンナゴヤドーム前ショッピングセンターで火災に遭遇しました。

消防車もかなりたくさん来ています。

高層用の超大型はしご車もきています。

詳細はわかりませんが、ボヤ程度のもののようです。

店内というよりは、屋上かそれらしいところからのようです。

非常誘導灯はついているものの、なぜかお客さんは知らん顔で買い物中!?不思議な感じです。

詳細は明日の新聞に載ると思います。(記者もたくさん来ているので。)

(29日22:05ケータイより投稿)

---------一夜明けて、朝刊より------------

二十九日午後十時ごろ、イオンナゴヤドーム前ショッピングセンターの屋上にあるエレベーター機械室から煙が出ていると、警備員から一一九番があった。駆けつけた警備員が消火器で消し止めた。けが人はなかった。
東署の調べでは、室内にあった配電装置や布などが燃えた。店は営業中だったが、客への影響はなかった。機械室はかぎかかかっており、外部からは入れない状態だったといい、同署で出火原因を調べている。
30日朝刊より。(30日9:15追記)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/27

《動画》熊野大花火 三尺玉海上自爆

先日見に行った三重県熊野市の熊野大花火大会。

そのメイン花火となる『三尺玉海上自爆』の部分を動画にしました。

重さ250㌔の花火玉が、海上で半円形に開ます。

開いた花火の大きさは、直径600㍍にもなります。

 

迫力を味わっていただきたいので、動画自体少し重くなりましたが、ぜひ全画面表示と大音量でお楽しみください。。。\(-o-)/

>>>動画 三尺玉海上自爆<<<

 

 

06082525_1

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/26

夏休み2006

今年の夏休みは、『一般道で路景を楽しもう!紀伊半島1周1000㌔の旅!』と題して、キャンプと観光、道の駅のスタンプラリーを目的に4日間の日程で行ってきました!

06082501

道順は上の地図のとおりです。(クリックで拡大)

 

今回は、日程が多いので、写真で説明していきます。

≪一日目(21日月曜日)≫

ちょうど午前0時出発になりました。今回はキャンプ道具を含め4日分の荷物を積んでいるので、車が重い重い!あまり燃費は期待できないです。

●熊野の七里御浜に着いたのは午前4:30ごろ。

ここにはライオンの形をした岩『獅子岩』があります。
まだ日が昇る前。月明かりで見る獅子岩はそのものです。

06082506

●午前5時ごろ、熊野川を渡り和歌山県へ。

06082507

●夜明け前、幻想的な熊野川にかかる鉄橋でした。

06082508

●那智港についたころ、旅の成功を期待する日の出を望みました。

06082509

●午前6時、那智の滝へ。
せっかく熊野に来ているので、世界遺産の熊野古道を歩いてみました。

06082510

●上には三重塔があり、一緒に那智の滝も見ることができます。

06082511

●那智の滝まで降りてみました。すぐ目の前に見ることができます。日本一の滝は圧倒されるものがあります。

06082512_1

●那智の滝の入り口にある世界遺産の碑。

06082513

●那智の滝を後にして、今日のキャンプ地でもある十津川渓谷に向けて車を走らせていると、とつぜん大変なものを目にしてしまいました。

 

 突然ですが・・・

 

皆さんは“龍”を見たことがありますか?

 

 

それはまるで映画「千と千尋・・・」にでてくる「ハク」のようなものが、天を泳いでいました。

 

あわてて車を止め、カメラを取り出しましたが、すでに遅し。大きな雲に頭を隠してしまいました。

その姿、まるで、熊野を守る化身の如く、大空を駆け抜け、やがて透き通り、消えていきました。

 

 

なんとか写真に収めましたが、

 

残念ながら消える間際ですので、雲のように透き通っています。

 

 

 

 

 

 

それがこれ。

 

 

 

 

 

06082514

 

 

アップでもなんとか撮りました。 

 

 

 

06082515

  

 

 

うねりながら消えていく瞬間です。

鱗も何とかみえますでしょ。

 

神々の居つく熊野ならではの奇怪な出来事でした。

 

 

みなさんなら、 信じますか?

 

 

さて、話をもどしますね。

 

●十津川街道を走っていると、那智の滝に劣らないすばらしい滝に出会いました。十二滝というそうですが、滝つぼのあたりまで行くことができ、迫力満点です。

06082516

06082517

●道の駅十津川郷で足湯を楽しみました。ここで道の駅スタンプラリーのスタンプ帳を子供2人分購入し(何でも2人分いるようになりました)、ラリースタートです。

06082518

●午後1:30ごろ、今日の終点、谷瀬のつり橋オートキャンプ場に到着。
まずはここの最大の観光である谷瀬のつり橋に。日本一です。

06082519

●川まで50㍍以上もある高さなのに、子供たちはへっちゃら。幅80cmほどしかない板の上を走ったり、網の上を歩いたり!

06082520

●ここが今回お世話になるキャンプ場です。とっても広くゆったりしています。売店もしっかりしていて、氷や炭、タマゴなども購入できます。
なんと!トトロに出てきそうな五右衛門風呂(家族風呂)もあります。

06082521

●子供たちは川で遊んだり、石投げしたり、石に絵を描いたりして疲れるまでのびのびと遊んでいました。

06082523

●スイカ割りもしました!

06082535

●今回は新調したスクリーンタープと共にここでも話題になったルーフテント。皆さんこっそり偵察に来ていました(^^♪

06082522

●夜に少し雨が降りましたが、子供たちは疲れてぐっすりでした。
一日目の行程です。(クリックで拡大)

06082502

≪二日目 22日火曜日≫

朝食を済ませてこの日の予定を考えていると、熊野の花火大会が延期して今日になったと聞き、少し戻るもののそこに行くことにした。

●まず向かったのは、湯泉地温泉の共同浴場『滝の湯』。
完全かけ流しの露天風呂の横には滝もあり、ロケーションもばっちりです。お湯もいい感じ。

06082528

●道の駅『奥熊野古道ほんぐう』で昼食をとり、ラリーのスタンプを押す。
そのあと、カーナビどおりの国道311号線はすごく道が険しい。車1台やっとの道も。どこにつれてくんだよ~

06082524

●夜7:20から始まる花火大会なのに、3時ごろには駐車場がいっぱいに!とりあえず、近くのジャスコで時間つぶし。
ところがこの後警報が出るほどの雷雨が!会場にいた人はきっとパニックだったのでしょうね。
べしょべしょに濡れた浴衣のカップルもたくさんいました。
でもこの雨、始まる7:20ピッタリにやんで、無事に花火大会を見ることができました。
最前列で見ていたのですごい迫力でした!
特に重さ250㌔もある巨大な三尺玉海上自爆花火はすごい!直径600㍍も広がるんですから!圧巻です!

06082525

●感激の余韻に包まれながら、今夜の宿泊地、南紀白浜の千畳敷駐車場でPキャンプです。
二日目の行程(クリックで拡大)

06082503

≪三日目(23日水曜日)≫

●ここでもやはり「屋根に寝てるのかなぁ~」なんて声に起こさました(^_^;)

06082526

●この千畳敷、波の侵食でできたものです。

06082527

●さて、このひは、『アドベンチャーワールド』へ。家族全員“初パンダ”。パンダを見たことがないので、すごく楽しみにしていました。
朝一でゲートをくぐって、最初に「記念写真を・・・」なんて言われるままにいたら、いつのまにか“パンダ帽子をかぶらされ、ぬいぐるみを持たされていました・・・(^^♪

06082529_1

●場内放送で『今日は赤ちゃんパンダの1歳の誕生日です!誕生日会をしますので、皆さんお集まりください!』
えっ!そうなんだ!ラッキーだね~!なんて言いながら中に入ってみると、すでにたくさんの報道陣が!
しばらくすると後方からパンダがぬいぐるみのように抱えられて出てきました。
へぇ~!可愛いもんですね~!
ホントに動くぬいぐるみのようです。

06082530_1

●アドベンチャーワールドにはいくつかゾーンがあり、そのうちのひとつマリンワールドでは、イルカやクジラの迫力あるショーが見れます。
水が掛かりたい人は水槽前に集まり、頭からビショビショになって喜んでました。わが子たちもその中のひとり(^^♪

06082531

●となりでは、アシカなどのコミカルなショーを楽しみました。面白いですよ!関西ノリというのですかね。
ハプニングかと思いしや、そういう仕掛けだったり!

06082532

●サファリゾーンでは、ケニア号に乗って動物を見ました。
珍しいホワイトタイガーもいました。

06082533

●エンジョイワールドでは、ゾウに直接バナナをあげることができました。

06082534

●アドベンチャーワールドでは、結局予定時刻を大幅にオーバーするほど楽しみました。
急いでキャンプする生石高原まで険しい山道を走ります。
途中、3ヶ所の道の駅でスタンプを押します。
三日目の行程(クリックで拡大)

06082504_1

≪四日目(24日木曜日)≫

●ここ生石高原キャンプ場は、標高800㍍もある草原の、無料キャンプ場です。無料ですが、掃除のいきとどいたきれいな水洗トイレや、炊事場も完備されています。

06082536

●紀泉の山並みを眼下に淡路島や四国を見ることができます。夜は和歌山の夜景や、プラネタリウムのような満天の星空。もちろん天の川もしっかり見えましたよ!流れ星や人工衛星の移動も見えました。

06082537

●子供が遊べるちびっ子広場も。でも、ここよりも、草原でのバッタやトンボとりに夢中でした。

06082538

●草原なので、清々しい風がとても気持ちいい。秋にはススキ野原になるらしい。

06082539

●こんなに気持ちよい場所ほかにないですね。イスを出して草原で座っていましたが、帰りたくなくなります。

そんな気持ちを無理やり切り替え、昼の12:00ごろ、名古屋に向けて出発しました。

途中、道の駅のスタンプラリーを4ヶ所ですることができ、大宇陀ではあきののゆで露天風呂に使ってきました。

名古屋に着いたのは夜の10:00をまわったころ。

総走行距離1,012km 総燃費14.2km/ℓ。

 

子供たちにも評判のいい夏休みになりました。

 

四日目の行程(クリックで拡大)

06082505

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/08/17

TVの懸賞当たっちゃった!!

今日、宅急便で荷物が届いた。

 

06081701

取り扱い注意とな!?





テレビ愛知って書いてある!?




開けてみることにした





中にはディズニーシー5周年の袋が!!! 

 

06081702





その中には、“モノ”と“手紙”が!!!

 

06081703_1










とりあえず、手紙を見てみる・・・





ん!?

06081704










んんっ!!!

 

06081705

 

 

うほ!!!!!

あたったぁ~~~!!!!

確か限定5名様!!

 

 

 

さっそく包みを開けてみる!!

 

06081706










06081707

 

 

 

うぉ~っ!

 

高級感があるなぁ~~

 

ジャ~~ン!

 

06081708

 

説明書に『非売品』って書いてある!

 

  

 

06081709

 

 

裏蓋も高級~ぅ!

 

 

 

で、時計!

 

 

 

感じいいじゃん!

 

 

 

でも普段つけるには・・・

 

 

 

ヤフオクで結構値が付いてるなぁ~

 

 

 

でも売らな~~~い!!! (^^♪

 

 

 

06081710

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/08/16

お盆

今年はちょうどお盆と定休日が重なったので、久しぶりに父の田舎へ行ってきました。

弟くんは残念ながら熱を出したので、妻とお留守番。娘と両親を連れて、父の田舎である滋賀県甲賀市土山へ。(平成の大合併でいつの間にかあそこも市になってたんですね~!信号もないところなのに。)

さすがに高速道路は大渋滞のようなので、一般道を使い御在所岳を越えるコースで。鈴鹿スカイラインを超えたところがちょうど父の田舎があります。

以前はだーれも客のいない「国民宿舎かもしか荘」があるだけで、ほかにな~んにもなく、人よりキツネやタヌキの方が多いくらいでしたが、川原を整備した事で、かもしか荘もいまや満員御礼状態。見知らぬ人だらけになっていてかなりびっくりデス。。

 

田舎では、そうといっても家に入ると、川の音や、鳥や虫の鳴き声しかしず、とっても緩やかな気持ちになれます。

 

さて、まずは村の神社で我が家の氏神でもある若宮神社へ。

実はここ、私のおじいちゃんやおじさんが代々神主をつとめている神社。社務所には裃(かみしも)を着た神主姿のおじいちゃんやおじさんの写真も見る事ができます。

向かいのお寺でお墓参りを過ごした後、父は親戚のお宅にごあいさつ。母と娘を連れて自分たちは川原でしばらく水遊び。

 

父が戻ってきてからは、叔母達のいるとなりまちへ。

おばの家は「太平寺」というお寺。

今回どうしてもじっくり見ておきたかったのが下の写真。

06081602

ちょっと本堂が暗かったので写りが悪いですが、これが本物の「国宝指定書」です。「右を国宝に指定する」という文面もあります。ここには大般若経という国宝があるんです。

 

夕方になり、今でも村に時を知らせる役目の“鐘”を、娘も手伝ってきました。

06081601_1

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/13

語源

今日、カラーのお客さんにラップを(キャップのかわりにラップを巻きます)巻いていると、お客さんと『サランラップって何でサランラップって言うのかなぁ?』なんて話題になりました。

早速ネットで検索。

ネットって凄いなぁ~って思う瞬間ですね!

すぐにでてきました。以下のようです。

サランラップ・・・・・アメリカ生まれのこの商品。フィルム製造メーカーの職員だった2人の技師の妻がサンドイッチをフィルムで包んでピクニックに出掛けたところ、友人が口々にフィルムであるラップ=包み紙の事をしきりに聞いてきた。そこで、これは売れると開発した結果、生まれた商品。アイデアの持ち主である妻の名前サラ(sala)、アン(ann)にちなんでサランラップと名付けた。

へえぇ~\(~o~)/

サランラップって日本の商品名かと思ったら、違うんですねぇ!アメリカ生まれで“サラ・アン・ラップ”からきてるんですねぇ!

 

ついでに他にも面白い物を調べて見ました!

 

(車の)ジープ・・・・・アメリカの漫画「ポパイ」からきている。何でも出来る万能動物「ジープのユージン」。ちょっと見た目は犬のような奇妙な動物で、閉め切ったドアからも入ってくるような超能力を持っており、ポパイの家に飼われていた動物の名が、万能多用途車であるジープの名前になった。

漫画のキャラクター名だったとは!

 

ジャム・・・・・語源は、「グチャグチャかむ」から。

えぇ~!ってことは、ジャムも日本語かぁ!

 

花王・・・・・語源は「顔」。明治23年の石鹸発売当時、化粧石鹸は通称「顔石鹸」呼ばれていた。そこで「顔」に「花王」を当てて商品名とし、やがて社名にもした。

カゴメ・・・・・トマトを入れる「籠の目」が社名のルーツ。

シャチハタネーム・・・・・名古屋にあるこの会社は前身の船橋商会の頃から、しゃちほこの描かれた旗をトレードマークにしていた。そこで「シャチハタ」になった。

社名の語源はそんなところから?というのが多いかも!

 

ノーシン・・・・・脳をシーンと鎮めてしまうから。また「シン」は新しくさせるから。

ボンカレー・・・・・「ボン」はフランス語で「良い」という意味で、直訳すれば「良いカレー」という意味。 ボンはフランス語でおいしいの意味の説もあるみたい。

ムヒ・・・・・「天下無比」のムヒ。

商品名も、特に薬は安易なつけ方が多いような・・・

 

語源て面白いですね!他にもいっぱい面白いのがあるようですよ!(^^♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/09

神越渓谷

昨日のお休みに、神越渓谷へニジマス釣りに行ってきました。

今回は提案してきた私の両親も同行。

今週も前日までの天気予報では、台風関連で“雨”。

大きなてるてる坊主に天気を託し、午前7時ごろ出発。

愛地球博の跡地を横に眺め、グリーンロードを通り、神越渓谷マス釣り場(MAP)へ。

幸いにも雨も降られず、暑くもない気持ちの良い天気になりました。

ここでは自然の川に岩を並べてせき止め、そこに放流してもらい、釣りをしたり、つかみ取りしたりします。

もちろんせき止めていないところでも釣りはできますので、私は主にそちらで。

子供たちは水着に着替え、いつでも川に入れる状態になって、竿で釣りを楽しみ、時々川に入ってつかみ取りを楽しんでいました。

釣果はみんなで30匹!

河川敷でそのままバーベキューもできるのですが、屋根のあるバーベキュー場で、釣った魚をその場で塩焼きにして食べました。きれいな洗い場やハラワタ専用のゴミ箱もあり、ホントにお手軽です。

炭も串刺し用の串もありますので、何も準備なしでバーベキューも楽しめちゃいます。

かなり楽しんだのか、子供たちは帰りの車に乗ったとたん、夢の中でした。

 

 

●神越渓谷。とっても素敵なところです。
06080901

●こんなふうに、自然の川に、岩で囲んでせき止めたところに放流してもらいます。本格的な川釣りにはなりませんが、レジャーとしては十分楽しめます。
06080902

●早速お姉ちゃんがゲット!大きなニジマスです!
06080903

●弟くんも負けていません!生まれてはじめての“釣り”です!
06080904

●なんと!つかんでとっちゃいました!
06080905

●釣った魚をその場で塩焼きに!
06080906

●簡易バーベキュー場で昼食です。横の売店で五平餅も!
06080907

●食べ終わったら、子供たちは『ルーフテント』で昼休み!この後の帰路でも爆睡でした(^^♪
06080908

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/07

F1 ホンダ優勝!

凄かった!

F1で、ホンダが優勝しました!

オールホンダとして39年ぶりの優勝です!

F1サーキットで『君が代』が今、流れています!

久しぶりにF1で感動しました!

今、終わったところ。感動です!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/03

新芽ちょうだい!

我が家では今、「新芽ちょうだぁ~い!」がブームです^_^; 

 

先日の「世界まる見え!テレビ特捜部」で放送した「世界のびっくりCM」で、タイのお茶のCMが放送されました。

それがとっても可愛くて!面白くて!

タイだけでながれたCMなのにほとんど日本語なんです。主役は“イモムシ”。

2作放送されましたが、どちらも“新芽ちょうだぁ~い!”という日本語のフレーズが、なんだか耳に残ります。

 

どうにも気になったので、あれからずっとネットで探しまくりました。

世界まる見え!にホームページがないんですね!驚いちゃいました。

あっちこっち探しましたよー

 

06080301

こんな感じで「新芽ちょーだい!」と呪文をかけます。

これ、1作目のほう。

どうやら、これで、タイ国内では大ブームになったようです。

「新芽ちょうだい」が流行語になったり、このイモムシのクッションがヒットしたり。

ちなみに映像もありましたので、一番下に貼り付けますね

 

さて、放送された2作目、サムライがでてくるバージョン。やはり新芽をとられるのですが、大量の涙でサムライを溺れさせ(笑)、やっと新芽を手に入れ、最後には家にいるお母さんにあげるというお話。

06080302

残念ながら全編バージョンは見つけることができませんでしたが、ショートバージョンを何とか探し出しました。

こちら(ダウンロード版。時間がかかります)

 

そして、なんとその2作以外にも、もう2作見つけました!

ひとつは“おばけ”バージョン。

06080303

下から懐中電灯をあてて「新芽ちょうだぁ~い!」と脅します(^_^)

こちらは全編見ることができます。

こちら(ダウンロード版。時間がかかります)

 

こちらのは「イモムシちょうだい」バージョン。

06080304

いつものように新芽を取りに行くものの、イモムシを食べようとする人間に驚いて・・・

残念ながらこちらもショートバージョンですが、面白さは伝わります。

こちらで見ることができます。

こちら(ダウンロード版。時間がかかります)

 

いろいろ調べたら、タイには面白いCMが多いですね。

日本でおなじみのCMもありました。

こちらで見つけましたので参考に。

http://www.vasuta.com/

 

 

それでは、おまちかね!1作目「新芽ちょうだい」をどうぞ!

 

 

___________________________追記です_________________________________

なんと!さらに2バージョン見つけました!!

2作とも下に貼り付けます。

新芽ちょうだいは言いませんが、どうやら日本の都心まで来たようですね。

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/08/02

若狭和田海岸

昨日は梅雨明け最初の定休日。

前々から予定していた海水浴に行ってきました。

 

行き先はほぼ毎年行っている福井県の若狭和田海岸

白砂で、とっても広くてきれいな海岸で、どこまでも透きとおった海。

本当は娘の友達も行く予定でしたが、直前に行けなくなって残念。

ただ、天気が心配。雨マークがついていました。何とか降らなければいいなと・・・

 

夜10時出発。今回も一般道だけを通って行きます。

一般道といっても目的地まではすべて国道ですので、とってもスムーズにいけます。

ちょうど180キロの道のりをゆっくり4時間かけていきます。

 

琵琶湖を過ぎたころ、道はかなり山深い所をとおります。このあたりを走っていると野生の鹿にであうことができます。立派な角を持つ雄鹿や子供たちを連れた雌鹿、数等群れになっているところを、道路の脇に見ることができます。

 

朝2時ごろ到着。いつもの駐車場に止め、ルーフテントで朝までお休み。心地よい波の音でみんなグッスリでした。

朝7時には準備OK!まだ人も少なく、魚も泳ぐ透きとおった海へ。

 

この若狭和田海水浴場は100㍍は行ける波の少ない穏やかな遠浅な海と150㍍はある砂浜の奥行き。幅はなんと1.2キロもあるロングビーチ!つまり100×1200もある綺麗なプールみたい!

グーグルマップで見るとその規模と綺麗さがわかります!
若狭和田(googleMap)

環境省平成10年選定の「日本の水浴場55選」と平成13年「日本の水浴場88選」に加え、今年「快水浴場百選」にも選ばれたほどです。

 

子供たちは最初からはしゃぎまくり!

沖まで何回往復したことか。ついてくこっちが大変^_^;

2歳の息子も、新調したパトカー柄の浮き輪が気に入って、なかなか海から上がりません。

天気もどういうことかしっかり晴れてて、完璧な海水浴日和。曇るはずだと思って、日焼け止めを用意しなかったのは失敗でした。

 

12時ごろまでしっかり遊び、海の家でカキ氷入り!の冷やしうどんを食べ、海水浴場を後にしました。

 

5分ほど離れたところに、「道の駅シーサイド高浜」があり、ここには素敵な露天風呂もあるスーパー銭湯「湯っぷる」があります。

ここでしっかり塩水を洗い落として、のんびりぬるめの露天風呂で疲れを落とし帰りました。

この道の駅、なかにパン屋さんがあるのですが、ここのパン、おいしいですよ~

 

また、5分ほど走ると、小さなドライブインのような施設「情報交差点ぽーたる」があります。ここには、鉄道パノラマ模型があり、時間で動かしてくれます。子供たちのお気に入りです。 

 

2時ごろにはここを後にして自宅へ。ここを出たとたん子供たちは爆睡。行きも帰りも寝ているので、遠くまで来ていることなんて知らないんでしょうね。
うちの車、“どこでもドア”みたいに思っているのかも。

 

 

●今回の道程(クリックで拡大)
06080201

●二人とも朝から大はしゃぎ!
06080202

●お姉ちゃんのつくった“おふろ”に大満足!?
06080204

●深くても波がないからへっちゃら!
06080205

●ずっと向こうの人がいる範囲は足がつきます。しかし子供は元気だね~
06080207

●ルーフテントで朝までグッスリ!
06080206

●道の駅のスーパー銭湯。ここでさっぱりします。
06080208

●「ぽーたる」の鉄道模型
06080209

●外にあるSLで記念撮影
06080210

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »