« 娘、山車で笛吹き[南区制100周年] | トップページ | ファンタふるふるシェイカー »

2008/04/22

少林少女

きのうは映画『少林少女』の試写会を見に行きました。

Sbsh0616112_2

今回会場が名古屋の試写会にしては珍しく、ミッドランドスクエアのシネコンが会場でした。

もしかして・・・の予感が的中!

なんと舞台挨拶がありました\(◎o◎)/!

監督の本広克行さんと、そして・・・・

主役の柴咲コウさん!!!!

かなり長い時間の挨拶でしたよ!今回柴咲さん1年間トレーニングして、まったくスタントなしだった事について、『だってキスシーンとかスタントないでしょ。アクションシーンもそうじゃないの。アクション映画なのでスタント使ったらほとんど自分が出てない事になるのがいやで・・・』と言われていたのが印象的でした。

監督は、『今回特に音に気を使いました。最新の音響システムです。音も楽しんでください。』と挨拶されてました。

 

さて、映画。

いや~日本でもこんなカンフー映画を作れるんですね。プロデューサーとして少林サッカーの監督がいたり、そのメンバーも出ているので、少林サッカーの別話のような雰囲気もあります。
柴咲コウ演じるリンも女性らしさはなく本当に少林拳法ができるのではと言うくらいきびきびとした動きに驚きでした。
こんかい一番と思ったのは、ナインティーナインの岡村。普段のTVでは見ることができない“役者”でした。いい仕事しましたねぇ~という感じです。映画を見るとそれがよくわかりますよ~
少林サッカーのティンとラムもとてもコミカルで、岡村と絡むシーンも多いのですが、どのシーンでも笑いを誘います。カタコトの日本語がアクション映画によい間を入れています。

全体としてアクションのなかによいタイミングでコミカルあり感動ありで、興奮して力が入り、笑いでリラックスし、感動したり、それぞれの組み合わせのタイミングが凄くいいので、あきのない映画になっています。

映画として、本当に楽しい映画でした。が、残念なのはTVなどで見られる予告編。あれ、予告じゃなくて本編ダイジェスト版ですよね。予告で映画の全編が予想できてしまうのが残念です。

Sbsh060612
監督のサインの前で(右は娘。)

公式ホームページ

http://www.shaolingirl.jp/

|

« 娘、山車で笛吹き[南区制100周年] | トップページ | ファンタふるふるシェイカー »

コメント

れおんさんはよく試写会に行かれていますが、
どうやって見つけるのですか?
私は過去1度だけ新聞で見つけた子供用のアニメ映画を応募して当ったので見に行ったのですが、いつか今回のれおんさんのように試写会で舞台挨拶を見てみたいなぁ~って憧れます。
特に柴咲コウさんはとっても綺麗な女優さんなので羨ましいです。

投稿: rika | 2008/04/22 11:58

rikaさんこんにちは!
試写会はネットで試写会情報を検索すると、出てきますよ~
今は試写会マニアの方が多くいますので、なかなか当たらなくなりましたが(^^ゞ
舞台挨拶は初めて見ました!感激ですよ!

投稿: れおん | 2008/04/23 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少林少女:

» 少林少女〜柴咲コウ主演カンフー映画の予告編ほか [映画館上映劇場]
少林少女の映画予告編をどうぞ。評判の柴咲コウさん主演のカンフー映画、少林少女がいよいよ4月26日に公開です。カンフー映画の本場香港でも評価が高いそう。... [続きを読む]

受信: 2008/04/22 14:26

» 少林少女 [映画チラシ館]
  2008年 107分 監督 本広克行 出演者 柴咲コウ、仲村トオル、岡村隆史、江口洋介、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・チーチョン 中国の少林拳武術学校で3000日の修行を終えた凛が日本に帰国するが、亡き父の道場はつぶれていていた。 失意の中、かつての師の岩井が営む中華料理店を訪れた凛は、店の従業員の??が少林寺を習うことを交換条件に、彼女の大学のラクロス部の助っ人になるが・・・。 「少林サッカー」のチャウ・シンチーが製作総指揮をした作品です。 4月26日から公開予定です。 オフ... [続きを読む]

受信: 2008/04/25 22:12

« 娘、山車で笛吹き[南区制100周年] | トップページ | ファンタふるふるシェイカー »