« カッパ捕獲許可証 | トップページ | 男二人で甘味処 »

2009/04/22

GOEMON

映画『GOEMON』の試写会に行ってきました。

Goemon

今回は、東京のプレミア試写会のレッドカーペットの様子や舞台挨拶の様子が、自分たちのいる名古屋のスクリーンにも中継されていましたよ。
プレミア試写会ってこんな感じなんだ~東京っていいなぁ~な~んて思いながら見てました。
この映画のサブタイトル「天下統一」にちなんで、全国190ヶ所で同時に試写会を行い、そのうち9ヶ所で生中継を行ったということだそうです。

 

さて、映画ですが、GOEMONとは石川五右衛門のことですね。出てくる人たちも歴史の勉強で習った人物などおなじみの人がほとんど。
ということで“時代劇”かと思いきや、髪型は現代風。服装も一見着物風にも見えますが派手で現代風。茶々(広末涼子)は着物というよりドレス。兜も西洋風の鎧。城も要塞。
人物こそ時代人ですが、まったく異なる世界のストーリーです。

全体的には“すごい!”のひとこと。

広大、迫力、スピード。一気に2時間突っ走ります。
歴史の違和感、ストーリーの違和感なんて、まったく考える間もなくまるでスペースマウンテンのような、入口で違世界に引き込まれた後はまるでコースも見えないジェットコースターで高速で興奮しながら展開していくという感じ。

特に感じたのが随所で見られる役者の眼力。背筋が凍る眼、腹黒の目、愛おしい目、信頼の眼。カラーコンタクトを使ったり、まゆ毛に表現があったり。

ただ、戦国時代の表現にどうしても避けられないのが「血」。

刀で切られるシーンがあるたびに、左隣の若い女性は顔を手で覆っていました。
右隣りの10歳の我が娘は、わりと冷静に見ていたのが驚き…(^^ゞ

その娘の感想は「面白くて、凄くて、怖かった」だそうです。

映画の後は、刀で人を切っていた惨い時代背景、現在の戦争など、話をするいい機会になりました。

個人的に血の出る映画は好きではありませんが、とてもエネルギッシュで迫力のある良い映画だと思います。

 

オフィシャルHP
http://www.goemonmovie.com/index.html

 

|

« カッパ捕獲許可証 | トップページ | 男二人で甘味処 »

コメント

れおんさん(^^)/
こんばんは~

お元気ですか

試写会行かれたようですね。
私もこの作品の試写会に当選
したのですが、残業になり
間に合わなかったのでした(笑)
広末涼子ちゃんも登場で
同郷として嬉しいです(^^♪

お嬢さん、度胸がありますね。
スピード感が凄そうですね。

投稿: ミルキーウェイ | 2009/04/24 19:47

ミルキーウェイさんこんにちは!
え~残念でしたねぇ~\(◎o◎)/!
譲っていただければ東京まで行ったのにぃ~(もちろん冗談です(^^ゞ)
しかし羨ましいですね~たまにはプレミア試写会を地方デモしてもらえないでしょうかねぇ~
お、土佐出身ですか。
引きこまれたらそのままスピードに乗っていく感じです。

投稿: れおん | 2009/04/26 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GOEMON:

» 「GOEMON 」前作CASSHERNから進歩が見えた [soramove]
「GOEMON 」★★★ 江口洋介 、広末涼子 、大沢たかお 、ゴリ 主演 紀里谷和明 監督、2008年、128分 「石川五右衛門の話をベースに 大胆に脚色し、歴史上の人物も 交えて時代劇のようで 時代考証も何も取っ払った 不思議な映画だった」 前作「CASSHERN」は見所の 全く無い駄作だったが 今回はそんな先入観を持って見ていると 全体のトーンや色彩は同じと感じながらも ちゃんと映画として成立していて 驚いた、 ただ作りこみ過ぎの凝りに凝った... [続きを読む]

受信: 2009/05/21 22:22

« カッパ捕獲許可証 | トップページ | 男二人で甘味処 »