« 夏休みキャンプ2010 全行程マップ | トップページ | 水玉プリウス(^O^)/ »

2010/09/01

名古屋市科学館プラネタリウム「ツァイス4型」最終投影

昨日、8月31日を持って、名古屋市科学館の天文館・理工館が閉館になりました。

名古屋で子供時代を過ごされた方ならおなじみの場所ですね。

とてもリピーター率の高い施設で、過去47年間のプラネタリウム上映で1回の平均が200人(定員350人)、なんだそうです。いつ行ってもガラガラなんてことは一度もありませんでした。

自分がミナトくらいの頃だったか、『曇っていても雨が降っていても昼間でも星が観れるところに連れて行ってやる』なんて連れて行かれて、プラネタリウムの星を見て驚いた覚えがあります。また、投影機も当時はまだ夢の時代だったロボットのようでワクワクした覚えもあります。

小学生の星を習う頃から興味を持ち出し、中学の頃には毎月のようにバスで1時間かけて通っていました。今で言うコミュみたいなものを作って全国に星好きな友達もいました。

高校になれば科学館の大人の天文クラブに入り、その中の高校生だけでつくる高星会にも入ってました。そのころ何度かプラネタリウム解説者の服部先生に近くの喫茶店でカレーをご馳走していただいた。。なぜ自分だけ連れて行ってもらえたのかは忘れてしまいましたが。

~~~~

その科学館、最終日がナント当店の定休日。めぐり合せでしょうか。

朝8時半ごろ着くとすでに長蛇の列でした。一番の人は朝5時から並んでいると聞きました。

人気のある最終回のチケットを何とか購入でき、なじみのある展示物を子供たちと楽しみました。わけもわからずボタンを押すのが好きでしたね~。

わりと好きだったのがこの水の力という展示物。フロア中プールのような匂いがしていました。

P8311063

それから鉄道模型。これだけの規模は昔はココでしか見れなかった。

P8311064

実験ラボでの静電気の実験や液体窒素の実験も楽しかった。

P8311066

最終回、16時から始まるのに15時にはこんなに。

P8311072

馴染み深いドアから直径20mのドームに入ります。

P8311097

最後のテーマは「プラネタリウムのすべて」。カールツァイス4型プラネタリウムがフル作動します。

P8311079

マスコミもたくさんいる中、館長の挨拶に続いてドームが青空に。青空投影機によるものです。

最終回の解説はナント服部先生。カレーご馳走していただいたお礼もしなくては。

音楽とともに太陽が沈み星空に。そして昔と変わらず『田舎はこのぐらい、名古屋駅ではこのぐらい』と星の量をかえて解説しています。(昔はコレに加え『地下街はこんな・・・』なんてウケてましたね。)

満天の星空の中、なじみのある矢印や星座絵を使っての星の解説、こと座のギリシャ神話の話と進みます。服部先生の独特な口調がとても心地よいです。

そしてこの後はツァイス4の惑星運動、過去の惑星の動きを超短時間で、日周運動やそのまま北極まで移動して北極での日周運動、オーロラ投影機でのオーロラ、雲投影機で雲をたちこめ星を隠し、雲が晴れると流れ星の嵐。とても現役引退するとは思えない機械でした。

そして最後、最終回最後は日の出ナシの満天の星空のまま終わりました。

役目を終えたばかりのプラネタリウム、ツァイス4型です。

P8311075

撮影タイムが始まりました。

P8311089_2

ツァイスのロゴが仕事をやりきった“どーだ!”感が出ています。

P8311094

こちらが解説台です。毎回ナマの解説で楽しませていただきました。

P8311077

最後の解説者となった服部完次先生です。寂しそうな表情ですね。あとでカレーの話したら喜んでくれました。その頃先生20代じゃなかったかな?

P8311090

外のロビーに貼ってある星雲星団の写真。

P8311098

そして・・・

役目を終えた天文館の展示物たち。

P8311099P8311100

来年新科学館がオープンするのですが、それはそれで。自分の人生の何か一つが終わったように感じます。

|

« 夏休みキャンプ2010 全行程マップ | トップページ | 水玉プリウス(^O^)/ »

コメント

いつに無く、考え深い表現ですね!
それだけレオンさんが、あの科学館に思い入れが強かったと感じ取りました!
僕も幼い頃、瑞穂区から自転車に乗って、一人で通った記憶があります!
小学生の時には、科学館に一人で行くなんて、大冒険だったように思うのですが、それでも行きたかったんだな!っていまさらながらに思いました!

多分、同じように実験や色々な体験に心奪われ、感動し、後に夢に出て来た・・・!なんて、共感できるかもしれませんね

春のリニューアルオープンを楽しみに、幼い頃の思い出に浸り過ごしましょう!

投稿: iBike | 2010/09/01 23:51

iBikeさんこんにちは!
思い入れ強いですね~
公共施設の中で一番通った場所です。
春になれば世界最大のプラネタリウムとして生まれ変わりますが、展示物もがらりと変わります。
複雑ですね。

投稿: れおん | 2010/09/02 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89125/49316671

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市科学館プラネタリウム「ツァイス4型」最終投影:

« 夏休みキャンプ2010 全行程マップ | トップページ | 水玉プリウス(^O^)/ »